「メタル」好きになるまで。

私は小さい頃から音楽好きで今もなおいろいろなジャンルの音楽を聴いています。
その中の一つに「メタル」があります。

重く激しいジャンルの音楽というのは聴く人を選ぶと言いますか、聴ける人と聴けない人がきっぱり別れる音楽だと思います。

私はどういった形で「メタル」というジャンルに足を踏み入れたかというと、きっかけは中学生の頃に歳が一回りほど違う知人に教えてもらったSiam Shadeです。
当時、私はドラムが走りっぱなしのパンクロックが大好きな母親から教えてもらったバンドばかり聴いていたせいか楽器を掻き鳴らすやかましいバンドサウンドやライヴパフォーマンスが大好きな少年でした。
そんな時にその知人に出会い「バンド好きなんか?じゃあこれ聴いてみ」と渡されたのがSiam Shadeのアルバムの入ったMDでした。
家に帰ってから即コンポに突っ込みました。
衝撃的でした。

歪んだテクニカルなギターサウンドに手数の多いドラミング、それをしっかりと支えてバンドの音圧を底上げしているベースライン、そしてボーカルのシャウトチックに歌ったかと思えば時にはしっとりと歌い上げる振り幅の広さ。

世の中でよく言われる「雷が落ちた」「体に電気が走った」という表現が本当にぴったりな感覚に見舞われました。

そこからその手の音楽性を持ったバンドを聴いていたのですが、ある時海外のとあるバンドの存在を知りました。
それが「Slipknot」です。

このバンドは9人組とかなり大型編成なバンドでメンバー全員がグロテスクな仮面を被っており見た目自体が衝撃的なルックスのバンドです。

彼らの音楽性は一応「メタル」という括りになっていますがミクスチャー的な要素も持ち合わせており出てきた当時はかなり革命的なバンドだったようで、私がこのバンドの存在を知ったのはその数年後だったようです。

ライブ映像を見ると人数が多い為か、ステージを広く使っているパフォーマンスが非常に躍動的で「そうそう!バンドはこうでないと!」と思わせてくれる姿は私の目に本当にかっこよく映りました。

その時の感動は自分自身がバンド活動する身になった今、目標とする「かっこいいバンドマンの姿」になっています。

10年ぶりの冬のソナタ

韓国ドラマ、冬のソナタが流行ったのはもう10年以上前になりますね。ちょうどブームの時に初めて見た韓国ドラマが冬のソナタでした。
冬のソナタの影響でロケ地の春川にまで行きました。

それから韓国ドラマにはまりたくさんの作品を見ました。
ときめくドラマにたくさん出会うことができました。

韓国語の勉強も始め韓国にも度々行くようになりました。

そうやって、いろんなドラマに出会っていくうちに冬のソナタは今更もう見る気になれないと思っていましたが韓国語の聴き取り勉強のつもりで再び見始めました。

10年ぶりに見る冬のソナタは思っている以上にときめきながら見ることができました。
内容は不思議と他のドラマよりも覚えていました。

それほど当時インパクトを感じたのだと思います。

覚えているにも関わらずときめくことができる事に驚きました。
でも1番驚いたことは聴き取りが予想以上にできるようになっていたことです。

10年前は字幕を読みながら日本語のセリフだけが頭に入っている感じでしたが簡単なセリフであれば理解できるようになっていました。

他のドラマでもそうなのですが、昔見ていた時の自分をドラマを通して思い出し今の自分と比べることで上達度合いを感じることができて韓国語の勉強へのモチベーションになります。

そしてこの10年で自分自身の変化もあり、響くセリフが違っていたり、相変わらず好きなシーンだったり、また見始めて良かったなと思っています。

最近、私の中で落ち着いていた韓国ドラマブームが再燃の予感です。

もっとたくさんの韓国ドラマを見ることを通して語学の上達やときめく心を大切にしていきたいと思っています。

また10年後はどんな気持ちで冬のソナタが見れるだろう?と楽しみにしています。

自分にこんなにも冬のソナタが大きく影響してるとは思いもよりませんでしたが、その頃には字幕もなく見ることができれば最高です。

韓国語を頑張ってこれからも楽しく勉強します。

戸建て購入を機にガーデニングにハマりました

庭付き一戸建てを新築で建てたものの、せっかくの庭はただ砂利を敷いてあるだけで味気ない状態が一年程続いた頃、子供が幼稚園に入ったので少し時間が出来、花でも植えようかな。という軽い気持ちから徐々にガーデニングにハマっていきました。

まず最初は鉢植えをいくつか。ガーデニングコーナーで一番目に付く季節の花から始めました。パンジーやマリーゴールド、ベコニア。手頃なお値段で、すでに花が開いているのですぐに玄関前は明るくなりました。

すると気持ちまで明るくなり、ワクワクする気持ちに。もっと綺麗にしたいと、今度は大きな鉢を買い、寄せ植えをしてみることに。種類の違う花の色合いや大きさ、間にグリーンを入れたり、考えることがとても楽しくなってきました。

玄関周りに並べ、同じ色に統一したり、グラデーションになるようにしたりと、色合いにこだわりだし、完成した鉢植えを並べて自分でうっとり。

そんな私は鉢植えだけでは収まらなくなり、ついに花壇づくりにチャレンジすることにしました。陽当たりの良い場所で決め、砂利をどかし、土を掘り、ブロックを埋め込んでいきます。

調べたところ、もっと難しい本格的なやり方もありましたが、なかなかの力仕事で費用や器用さも要求され自分には無理だと判断。主人は興味なくて傍観なのでアテになりません!

元々ガーデニング好きな母にちょっと手伝ってもらい、女二人でも出来る簡単なやり方で花壇は完成しました。初めてなので小さめですが、土をブレンドして出来たばかりの花壇に流し込んでいくのはなんともいえない達成感と喜びがありました。

鉢植えよりも多くの種類の花を植え、最初は小さい株だったものが予想以上に大きく育ったり、高く伸びたりと植物の成長に驚くことも多く、最近は子供も興味を持ってくれて、種まきから始め、芽が出てニョキニョキと伸びて、花が咲くのをとで楽しみして水撒きをしています。

若い頃は花なんて面倒くさい…と思っていましたがこんなにガーデニングが楽しくてハマるとは思っていませんでした。これは長く続けられる趣味になりそうです。

ロードバイクで楽しみながらダイエット

私の趣味はロードバイクです。自転車を趣味にしてから7年くらい経ちます。
最初はママチャリから始めてミニベロ、マウンテンバイク、クロスバイクそして最終的にロードバイクにたどり着きました。

ロードバイクの魅力はなんといってもママチャリでは味わえない『スピード感』です。

だいたいママチャリだと時速15km/h位で走っていると思いますが、ロードバイクだと
25km/h~40km/h位で走ることが多いです。場合によっては時速50km/h以上出ることもあるので、スピード感は全く違います。

そしてもう一つの魅力は『ダイエット効果』です。自転車は乗り方によっては非常に効率的な有酸素運動になります。うまく利用すれば10kg以上減量することも不可能ではありません。

1日に30分くらいでも続けていれば少しずつ体脂肪は減ってくると思います。
自転車はジムや自宅で筋トレするのと違って景色の移り変わりを感じながら運動できるので楽しく続けることができます。

また、ランニングなどと違って、膝や腰などにかかる負担も少ないので体の故障の危険性も少ないスポーツなのです。

自宅を出てすぐに運動が始められるので時間の節約にも繋がります。
ダイエット目的で自転車に乗る場合は重いギアでガンガン走るよりも軽めのギアで長い時間乗る方が効果的です。でも、運動したからと言って食べ過ぎたら効果がないので注意しましょう。

自転車に乗るときにはいくつか注意点があります。まず自転車は車と同じ軽車両なので基本的には歩道ではなく車道の左側を走らなければなりません。右側を逆走等しないように気を付けなければいけません。

また、転倒などしたときに頭を打つと危険なのでヘルメットの着用もした方がよいでしょう。

そして万が一歩行者などに怪我をさせてしまったときのために自転車保険にも入っていた方がよいと思います。年間で5千円以下で入れるものが多いので入っていた方が安心して自転車を楽しむことができるでしょう。

風と季節を感じながら楽しく運動してダイエットもできる。自転車は私がもっともお勧めするスポーツです。

日常のちょっとした選択に占いアプリを使っています

スマートフォンのアプリに、よく当たると評判の占いを入れています。一部は有料なのですが、今日の運勢を占うのは無料なので、それを頼りにちょっとしたことを決めるようにしています。例えば、そろそろ美容院に行きたいなと思っていたとしたら、今日行くか、明日行くか、それとももう少し先延ばししたらいいのか、なんてことを占いの結果で決めるのです。ちょっとしたこと、というのがミソです。

人生において重大なことを決めるのに、占いに頼りすぎるのは良くないですよね。今日は遠くにでかけようか、それとも近くでゆったり過ごそうか迷ったときなど、言ってしまえばどっちでもいいことは占いで決めてしまうと、楽ちんですよ。

けれどこの前、ビックリすることがありました。

今日の運勢に、「家族とのトラブルに注意。発言には気をつけましょう」と出ていたのですが、ちょうどその日は忙しくてアプリのチェックをしておらず、チェックしたときはすでに夫と口喧嘩をしてしまった後だったのです。私たちは普段ほとんど喧嘩をしないので、頻繁に喧嘩をしているから当たった、というようなことはなさそうです。いや、本当にビックリしました。

私と違って、夫のほうは男性らしくあまり占いを信じないのですが、書いてあることは気になるようで、「今日はこんなふうに過ごしたほうがいいって」と私が伝えると、「なんだって?」と詳しく聞いてきます。

おそらく、信じたくないのでしょうが、信じないことで嫌な目にあうのはもっと嫌なのでしょう。小心者ともいいますね。また、このアプリは基本性格というものを無料で占えるのですが、夫の性格がまるっと当たっていて、本人もにわかに「たかが占い」と言えない心境になっているようです。

私が占いを選ぶ基準は、悪いことばかりでなく、悪いことがあるとして、どのように過ごせばいいのかが書かれているかどうか。生まれつき決まった運命があるとして、それが悪いものならどのように改善出来るのかが書かれてあるか、を見ています。やはり、むやみに不安をあおるだけの占いはつらいものがあります。

人生を豊かにする、というと大げさですが、日常をちょっと楽しくする、そんなふうに占いと付き合っていきたいです。