ジョロウグモとの対決!

こんにちは!
すっかり秋めいてきました。

皆さまは秋らしく何かをもうされましたか?

秋はサンマに紅葉にサツマイモに・・楽しい事いっぱいの季節ですね。

今日ゴミを捨てに行った際にお腹のあたりが黄色と黒のシマシマのクモを退治しました。

お腹が黄色と黒ですよ。

しかも真ん中が黄色で黄色のサイドが黒ですよ。

めちゃくちゃ気持ちが悪くないですか?

一か月前ほどからそいつが家の近くをウロウロしていたのです。

大きさも結構あるし最初はギョッとし「こいつ絶対毒もってる蜘蛛だ!」

そう思って、まず子供達を蜘蛛から遠ざけ自分もまるで忍者のように足音を消して急いで自宅に戻りました。

無事に帰宅後すぐにネットで黄色と黒のシマシマのクモについて調べると

その黄色と黒のシマシマ蜘蛛の名前は「ジョロウグモ」だとわかりました。

検索して見つかった時に出てくる写真を見ただけでトラウマものです。

気持ち悪い!見たくない!という私の気持ちに「何言ってるの!まだ家の近くウロウロしてるよ!子供達に何かあったらどうするの!」と

私の中の母性が叱り飛ばしてくれ背中を押してくれたので深呼吸して調べ続けました。

調べる中で気になるのは「毒があるか。ないのか。」ですよね。

ジョロウグモはJSTX-3という毒があるけど微量なのでほとんど問題ない。

との事でした。

問題ないそうです。

ほとんど。

って!

絶対ではないのですね。

はあ~駆除かあ~と自然に天を見上げ「駆除してやる!いつか。」

と心に決めるもそのままジョロウグモはいなくなり一月ほどたった今日再び大きな巣を作っていたジョロウサンと遭遇したのでした。

今日こそ駆除するぞ!と長い柄の箒を持ちジョロウグモの大きな巣の端から破っていくという作戦を取ることに決めました。

まずは左側から破りジョロウグモが体制を崩したところで右側を破り完全に彼はバランスを崩し落下。

落下するも、そこからまた元の位置に戻ろうとするので「そうはさせない!」とへっぴり腰状態で遠くへ遠くへ箒で追いやってやりました!

何とか家族の平和は守られた。。と安堵するも半泣きでした。

そうそう秋は紅葉の季節だけではなかったのですよね。

ジョロウグモやススメバチなど子供を持つ身としては嫌な虫たちが増える季節でもありました。

夏で虫対策は終わったと安心せずに気を付けていかないといけないと思わされた良い一日でした。

じゃがいもの活用法

じゃがいもが沢山余っていて、そろそろ元気が無くなってきていたので、早く消費しなければと先日は大量のマッシュポテトを作りました。作り方はとても簡単なんですけどね。まず洗ったじゃがいもを皮のついたままビニール袋に入れてレンジでチンします。以前は濡らしたキッチンペーパーに包みラップをしてからチンしていましたが、ある日試しに濡れたままの皮付きじゃがいもを、この方法でやってみると大成功だったので、今はこのやり方が私の定番になっています。簡単だからやってみて欲しいな。それから熱いうちに皮をむいて、ボウルの中で潰した後バターと塩こしょうを入れて混ぜます。あとはお好みのなめらかさになるように牛乳で伸ばすだけ。その日はまずダイレクトに添え物としてそのまま食べました。美味しいので家族みんな大好きなんです。特にハンバーグとの相性は最高ですよ。そして残りのマッシュポテトは2等分にして、そのうちの1つに刻んだゆで卵とハム、小さなサイコロ状にしたプロセスチーズ、パセリを入れて混ぜます。それを小さく丸めてコロッケに。これは冷凍していつかの為のストックになりました。いつものコロッケよりまろやかだしハムとチーズのおかげで、子供達はこっちの方が好きみたい。そして残りの1つ。これは翌日のメインになります。冷蔵庫に残っている野菜を細かく刻んで、ひき肉と一緒に炒めます。そこにトマト缶とローリエをいれて煮詰め、お砂糖お塩で味を整えミートソースを作ります。時間がない時は市販のものを利用しても良いけど、炒めたお野菜を入れた方が美味しさアップしますよ。ミートソースも使う分だけ取り分けて残りは冷凍。グラタン皿にマッシュポテト、ミートソース、マッシュポテトの順に敷き詰めて、パン粉とパセリを振りかけてオリーブオイルを垂らしオーブンへ。こんがり焼くとグラタンになります。こうやって、じゃがいもが新しい三品になって無駄なく使えました。まだまだ色々なアレンジを楽しんでいきたいと思います。

男子バレーボール 第19回アジア男子選手権大会 日本決勝進出!

やりました。
みごとに決勝進出いたしました。
素晴らしい。
本当に君たちは素晴らしいよ。

この大会、日本が負けたのは予選リーグの韓国戦だけでした。
その後、日本は予選リーグを2位で抜け、その後も順調に勝ち進み、セミファイナルラウンドまで駒を進めました。

セミファイナルラウンドの対戦相手は、正直初めはイランが対戦相手だろうと思っていて、これは厳しい戦いになるぞ、と身構えていました。
イランは世界ランキングも一桁台でアジア一位ですからね。
正直、3位に入れればいいな、くらいに考えていました。
あの時の自分を叱ってやりたいです。
ところが意外なことに、地元開催で盛り上がるインドネシアがイランに勝ったのです。
びっくりしました。
地元開催、怖い、と改めて思いました。
これってすごいことですよ。
サッカーで例えようと思ってもうまいこと出てこないけど、とにかく大金星です。

そんなわけでセミファイナルの対戦相手はインドネシアだったわけですが、日本はイランの負けを知っていますから、出だしから気を抜きません。
2セット目こそデュースにはなりましたが、日本が見事3-0で勝利して、決勝進出したわけです。

日本以外の国はと言いますと、これがまた韓国が中国に勝ってベスト4入りをしました。
そちらのセミファイナルは、韓国対カザフスタンだったので、またまた私のいい加減な予想では、韓国が勝ってややこしい決勝戦になるんだろう、と嫌な気分満載だったのですが、こちらもなんと、カザフスタンが勝ったのです。勝ってくれたのです。ありがとう、カザフスタン。
私の予想、外れまくり。
でもその方がいい、ありがたい。

日本はこの大会で負けたのは韓国にだけなんですよね。
なので、決勝であたったらいやだな、と思っていたんです。
でも違いました。
今夜、大会連覇をかけてカザフスタンと対戦します。

決勝戦は8月1日(火)日本時間21:00から、おそらくDAZNでライブ配信されますので、一人でも多くの人に応援してもらいたいです。

サスペンスよりも恐ろしい事件簿

今年に入って浮気や不倫などの芸能ニュースがたくさんありましたね。
人気タレントの不倫からおしどり夫婦の離婚劇など様々で見ていて驚きが隠せません。

その中でも最近は、マツイ棒で有名な松井一代さんと船越英一郎さんの離婚劇が
話題になっていました。

最初ニュースを見たときは、意味がわかりませんでした。
しかしよくよくニュースを見てみると船越英一郎さんが松井さんのお友達と浮気不倫していたことが明るみになり
それに激怒した松井さんがSNSを利用して芸能ニュースの裏側、船越英一郎さんに対する
恨みや罵倒などがつずられていましたね。

愛が憎しみに変わるというのはこういうことだったんだとつくづく感じました。
わたしも松井さんの立場ならものすごく傷つくし腹がたつので
気持ちがわかりますがSNSで浮気された、こいつはひどいやつだなど書き込んでしまうと
裁判になったときにこちらが不利になってしまうのではないのかと感じて見ていました。

sんsは、光ファイバーみたいにすぐ広まってしまいますし一度書けば
証拠として誰かがスクショしている可能性もあるので怖いところです。

最近では、船越英一郎さん側にも弁護士を通じてコメントを発表しており
いよいよ離婚に向けての裁判が始まるのではないのかと感じてます。

裁判となれば長期に渡り話し合いが行われお互いの芸能活動にも支障をきたしますし
精神的にも疲れてくるかと思います。

どちらにせよ、松井さんが求めているのは船越英一郎さんの謝罪と戻って来て欲しいと
いう気持ちがあるのではないのかなと思います。

お友達とも縁を切り松井さんのところに戻れば安泰だよと松井さんが言っているような気がします。
ですが船越英一郎は、もう戻る気はないのかと。

戻れば地獄ですから。老後一緒に暮らしたとしても一生浮気したことは言われるでしょうし
船越英一郎さんも一緒にいては肩身も狭くなる一方、世間からもちょっと一目置かれる存在になるのでは
ないかとわたしは思いました。

結婚したことで結婚に対する理解が変わった

結婚して、9ヶ月が経過しました。同居をしてからは既に1年が経過しています。彼に出会ったのは、1年と半年前です。2年間の間に、私の人生はあっという間に変わりました。全ては、彼との出会いから始まりました。結婚を全く考えていなかった私が、結婚をしたのです。男性と同居したこともない私が、突然同居を始めました。そして、プロポーズは彼からでもなく、私からでした。今から考えても、人生の大きな決断を簡単にしてしまったように思います。

子どもの頃に描いていた人生とは、全く違う人生を歩んでいると思います。結婚というものについて、結婚をする前後で考え方は大きく変わりました。結婚する前は、結婚することで経済的にも社会的にも私は守られる存在だと思っていました。彼が私を守ってくれると考えていたのです。その当時は、仕事の内容についても、自分で責任の持てないことを任されるようになり、やめたいとずっと思っていました。そのこともあってか、結婚すればフルタイムの仕事ではなくても、パートタイムの仕事で十分生活できると思っていました。でも、結婚をしてみて、その考えが子どもじみた考え方であることを悟りました。

結婚とは、誰かに依存できることを保証することではないということです。結婚とは、自分で自立しなくてもいい正当な理由を与えるものではないということです。結婚という言葉を隠れ蓑にして、社会から隠れることができるわけではないということです。私は、これらのことを結婚してからの生活から学ぶことができました。

そして、私が新たに学んだことはいろいろあります。結婚とは、依存し合うことではなく、お互いを強くすることであるということです。結婚とは、お互いを隠すものではなく、お互いをお互いに価値ある存在だと社会に知らしめるものであるということです。結婚とは、お互いに自立した人間であることをさらに求めるものだということです。実際の結婚生活をしなければ、これらのことを理解することはできなかったと思います。彼に頼ることができると考えていた自分の考えは、全く現実的ではありませんでした。結婚したことで、私はより自立した人間、より成熟した人間である必要を感じています。

毎日を有意義に過ごせるかどうかは、私次第である

仕事を辞めて、会社通勤のない生活になってから3ヶ月が過ぎました。ニートという言葉を聞いてから数年が経ちますが、ようやく自分自身でニートという身分を味わっているように思います。多少の仕事はしているものの、生活費を稼げるほどには至っていません。せいぜいお菓子が買える程度のお金しか稼いでいないと思います。ニートになってから、私は仕事をしない生活がどんなに贅沢であるかを知りました。毎日の時間が、何の制約もないからです。勤務開始時間もなく、退勤時間もありません。勤務日もなければ、休日もありません。

不思議なことですが、勤務日がなくなれば、毎日が休日となりますが、毎日が休日になると、休日という言葉が無意味に感じられます。休日というと、仕事から解放され、仕事の責任から逃れられる貴重な日です。でも、仕事がなくなると、休日の勤務日に対する相対的な価値がなくなり、休日という言葉が何の意味もないように感じられます。でも、だからと言って、仕事のない日々が無価値に感じられるわけではありません。休日でもない、勤務日でもない、新しい価値が感じられます。それは、毎日が挑戦的で、創造的であることです。何の制約がなく、全てが自分の決断に委ねられています。だからこそ、毎日を有意義に過ごせるかどうかは、私自身にかかっているというわけです。その意味で、1日の価値に対する責任は私自身にかかっています。私の全ての行動が、私の決断で決まるからには、全ての責任は私にありからです。

仕事の責任はありませんが、毎日の価値に対して私の責任感はより倍増しました。私は、より意識的に、1日を有意義にしたいと思うようになったと思います。毎日の過ごし方について、誰かを責めたり、仕事のせいにしたりすることはできません。自己責任という言葉を、ひしひしと感じながら過ごさなければいけなくなりました。全てが自己責任の世界という言い方をすると、とても過酷な現実のように感じられるかもしれません。でも、全てが自分に委ねられている生活こそ、私が求めていた生活だと思います。誰からも束縛されることなく、誰からも指示されない生活が、私が夢見ていた生活だと思います。

北朝鮮がアメリカ全土を射程に収めたミサイルの開発を成功させたことについて

北朝鮮は29日の深夜に慈江道舞坪里から弾道ミサイルの1発を発射しました。さらに29日には大陸間弾道弾、ミサ入りアイシービーエムの2回目の試し打ちに成功したということです。

表向きは他国からの防衛を目的としているようですが、わたしにはどうしても他国の攻撃のために用いられるような気がしてなりません。さらにはこのミサイルは最高硬度が3724,9キロとかなりの距離のものでありこれだけ射程のあるミサイルはかなりの威力がある危険性が高いです。

もしも金正男が生存していたのならある程度防ぐことができたのだと思います。彼は北朝鮮のなかでも比較的平和的な解決策を模索しており彼が暗殺されてからは金政権も暴走の度合いが増してきたように感じます。もはや北朝鮮の暴走を止めることはできないのでしょうか。

アメリカが先に攻撃しそうな勢いであり一見絶望的な状況ですがきっとまだ平和的な解決策はまだ残されているはずだと思います。アメリカが攻撃に踏み切る前に何とか方法を考えて北朝鮮を落ち着かせる必要があるでしょう。きっと日本や周辺国などが協力して防衛に尽力するなど何か行えば北朝鮮の暴走を止めることができるのではないかと思っています。また下手に北朝鮮を刺激しないことも重要でしょう。

北朝鮮の高官たちも単純ではないのであまり揺さぶらず自然と周辺の平和的活動に向かわせるようにすることこそが重要だと思います。特に北朝鮮の指揮官金正恩氏は揺さぶりをかけてしまうとかえって周囲への攻撃が激しくなる恐れがあります。難しいのかもしれませんが、北朝鮮の金政権のきもちをくみ取って理解して提案することが重要視されていくと思います。

いずれにせよ今後の対応はいつもより一層、慎重な審議が必要になるかもしれません。アメリカのような攻撃的姿勢では死傷者が多く出てしまう恐れがあります。そうした犠牲を少しでも少なくするために慎重な審議が重要になってくるのではないでしょうか。

今井絵理子議員の略奪不倫について

元スピードのメンバーで現在議員として知られる今井絵理子議員は聴覚障害のある息子を育てていながらすでに妻子のある神戸市議員の橋本健議員とホテルで寝泊まりしていたというニュースが報じられています。週刊新潮から取材を受けた際に今井絵理子議員と寝泊まりしていた男性である橋本健議員は「恋愛感情もありません」と発言している模様ですが、わたしには特に好きでもない相手とともに男女二人で一緒にホテルに入るのか疑問です。何か周りに知られてはまずい出来ごとがホテルで行われたいたとわたしは思います。まして成人を過ぎた男女2人で一緒に一夜を過ごしたとあれば不倫を疑って当然だと思います。彼女たちに限ったことではないのですが、今の若者たちはみんな生き急いでいるように感じます。20代30代ならまだ余裕があるわけだしそんなに子孫を残すことにこだわらなくて良いのではないかと思います。もっと今の若者たちは余裕を持ってほしいものです。20代は法律的にも就業できる年代になります。そうして世間の常識やあり方などを勉強する時期だと思います。30代では男性も女性も魅力が増して、結婚には適している年代になっていきます。それなのに今の若者たちは20代から結婚に焦っているものがいてそんなに急がなくてもいいのにと感じます。世界はそこまで焦らなくてもしっかり動いていけるのだからむやみに焦って行動すると後で取り返しのつかない大失敗をしてしまいます。そうならないためにもあまり焦って行動しなくても良いのではないでしょうか。最近では芸能人の不倫報道が本当に多いです。ミュージシャンや芸能人、それ以外の一般の方まで不倫による報道が絶え間ないです。みんな少子化の波を受けて焦るのもわからなくはないですが、そのために個々の幸せが阻害されてはいけないと思います。だからこそとくに異性との交流は慎重に落ち着いて相手のことをよく吟味してするべきであると私は思います。

今にしてかえって斬新な懐メロたち

夕べ、何となく中山美穂の懐メロが聞きたくなって少し聞いてみました。
するとどうでしょう。今にしてかえって斬新な響きがあり、なかなかいいなーと思いました。この曲はイントロがインパクトがあるので、あの脈打つようなリズムで始まる冒頭が一番好きです。
聞いたのはWitchesなど一昔前にヒットを飛ばした曲ですが、たまに聞いてみるといい曲ですね。とくにWitchesは恋敵という間柄に見せる女の執念というものをよく歌い上げていると思います。

女の執念岩をも通す、なんていう諺もあるぐらいですが、いつの時代も好きな男性のことは譲れない、好きな人と一緒にいたい、そんな女性の怖いぐらいに強い気持ちがよく歌詞に表れていますね。
好きな男性の争奪戦を2人の魔女に例えながら、写真の二人を切り離して呪って火に投げ込むとか、確かにこの辺りはとくに女の執念MAXという感じが伝わってくる歌詞です笑。
好きな人の争奪をめぐって嵐の夜のように火花を散らす恋の戦いの歌として、リリース当時特有の分かりやすい歌詞展開は最後まで女の執念を逃しません。曲の最後は、「最初に涙を流した方が灰になるのよ」と締めくくられています。最終的にどちらの女性が恋の戦いに勝ったのかは不明ですが、まさに恋愛バトルな一曲ですね。

そんなWithesに続いて、CATCH MEも聞いてみました。
これもまた80年代後半~90年代の色全開ー!という感じです。とにかくこの時代の曲の特徴といえば低音が強くて一定のリズムを終始刻みながら低音で聞かせる、迫まってくるようなイメージですね。イントロからして、何だかかつて流行っていたエアロビクス、それもハイインパクトのエアロで使われてそうな曲にも思えますね笑。サビ部分では当時の夜の都会の雰囲気がイメージされるような感じです。
これからも懲りずに時折ふと聞いてみたくなる、当時のヒット曲でした。当時のテレビドラマも再放送されたら、かえって懐かしがって見る視聴者も多いんじゃないかなーとも思います。

ゲリラ豪雨の恵みと雨の存在のこと 

先日、私の住んでいるエリアにゲリラ豪雨が降りました。
文字通り叩きつけるような集中豪雨は、落雷付きで午後から夜まで降ったり止んだりしながらしばらく続きましたね。

いかにも夏の天気模様、バケツをひっくり返したような雨とはよく言ったものです。
そんなゲリラ豪雨のおかげあって、夕べは珍しく寝苦しさがなく、扇風機ですら途中で止めてしまったほど。
いつものジメジメした湿気が、雨が降ってくれたおかげでスカッとなくなって珍しく快適な一夜でした。

父がよく夏場に「雨でも降ってくれると涼しくなるんだけどなぁ~」と言っていたのを思い出しますが、本当にそうですね笑。

ありがたいことに、このゲリラ豪雨の恩恵による清々しさは翌朝まで続きました。
夏の朝は起き抜けに湿気が気になるたびにクーラーをドライか冷房モードにしてつけるのが常ですが、このときの翌朝はクーラー要らずという奇跡でした。
これは嬉しいですね笑。

毎朝毎日こうなら快適でいいのになぁと思います笑。
軽井沢みたいな避暑地にいるような、貴重な清々しさでした。
こんなレアな朝の空気の中で飲むいつもの目覚ましカフェがおいしいこと極まりありません笑。

それにしてもこんな雨が集中的に長い日数続いたりしたら、街中がたちまち大洪水になってしまうだろうと思うと大変です。

ニュースで全国各地がそういう豪雨に見舞われたり、土砂崩れ被害に遭った地方の様子が報道されているのを見たときのように、今度は自分の住むエリアがそんなになったところを報道されることになるのです。

かといって、雨がまったく降らなきゃ降らないでもまた困りますね笑。
日本だけでなく雨の降らない地方は、世界の中でも天に雨を下されと求める雨乞いの歌だってあるぐらいです。

いかに雨や水、人間と大地にそれが必要で大事かということを知らされる思いがします。

とりあえず、うちのところに今回降った雨は一日だけだったのでよかったですが。
明日の天気は晴れることと、洗濯物の気持ちいい外干しができることを期待しています。