ジョロウグモとの対決!

こんにちは!
すっかり秋めいてきました。

皆さまは秋らしく何かをもうされましたか?

秋はサンマに紅葉にサツマイモに・・楽しい事いっぱいの季節ですね。

今日ゴミを捨てに行った際にお腹のあたりが黄色と黒のシマシマのクモを退治しました。

お腹が黄色と黒ですよ。

しかも真ん中が黄色で黄色のサイドが黒ですよ。

めちゃくちゃ気持ちが悪くないですか?

一か月前ほどからそいつが家の近くをウロウロしていたのです。

大きさも結構あるし最初はギョッとし「こいつ絶対毒もってる蜘蛛だ!」

そう思って、まず子供達を蜘蛛から遠ざけ自分もまるで忍者のように足音を消して急いで自宅に戻りました。

無事に帰宅後すぐにネットで黄色と黒のシマシマのクモについて調べると

その黄色と黒のシマシマ蜘蛛の名前は「ジョロウグモ」だとわかりました。

検索して見つかった時に出てくる写真を見ただけでトラウマものです。

気持ち悪い!見たくない!という私の気持ちに「何言ってるの!まだ家の近くウロウロしてるよ!子供達に何かあったらどうするの!」と

私の中の母性が叱り飛ばしてくれ背中を押してくれたので深呼吸して調べ続けました。

調べる中で気になるのは「毒があるか。ないのか。」ですよね。

ジョロウグモはJSTX-3という毒があるけど微量なのでほとんど問題ない。

との事でした。

問題ないそうです。

ほとんど。

って!

絶対ではないのですね。

はあ~駆除かあ~と自然に天を見上げ「駆除してやる!いつか。」

と心に決めるもそのままジョロウグモはいなくなり一月ほどたった今日再び大きな巣を作っていたジョロウサンと遭遇したのでした。

今日こそ駆除するぞ!と長い柄の箒を持ちジョロウグモの大きな巣の端から破っていくという作戦を取ることに決めました。

まずは左側から破りジョロウグモが体制を崩したところで右側を破り完全に彼はバランスを崩し落下。

落下するも、そこからまた元の位置に戻ろうとするので「そうはさせない!」とへっぴり腰状態で遠くへ遠くへ箒で追いやってやりました!

何とか家族の平和は守られた。。と安堵するも半泣きでした。

そうそう秋は紅葉の季節だけではなかったのですよね。

ジョロウグモやススメバチなど子供を持つ身としては嫌な虫たちが増える季節でもありました。

夏で虫対策は終わったと安心せずに気を付けていかないといけないと思わされた良い一日でした。

じゃがいもの活用法

じゃがいもが沢山余っていて、そろそろ元気が無くなってきていたので、早く消費しなければと先日は大量のマッシュポテトを作りました。作り方はとても簡単なんですけどね。まず洗ったじゃがいもを皮のついたままビニール袋に入れてレンジでチンします。以前は濡らしたキッチンペーパーに包みラップをしてからチンしていましたが、ある日試しに濡れたままの皮付きじゃがいもを、この方法でやってみると大成功だったので、今はこのやり方が私の定番になっています。簡単だからやってみて欲しいな。それから熱いうちに皮をむいて、ボウルの中で潰した後バターと塩こしょうを入れて混ぜます。あとはお好みのなめらかさになるように牛乳で伸ばすだけ。その日はまずダイレクトに添え物としてそのまま食べました。美味しいので家族みんな大好きなんです。特にハンバーグとの相性は最高ですよ。そして残りのマッシュポテトは2等分にして、そのうちの1つに刻んだゆで卵とハム、小さなサイコロ状にしたプロセスチーズ、パセリを入れて混ぜます。それを小さく丸めてコロッケに。これは冷凍していつかの為のストックになりました。いつものコロッケよりまろやかだしハムとチーズのおかげで、子供達はこっちの方が好きみたい。そして残りの1つ。これは翌日のメインになります。冷蔵庫に残っている野菜を細かく刻んで、ひき肉と一緒に炒めます。そこにトマト缶とローリエをいれて煮詰め、お砂糖お塩で味を整えミートソースを作ります。時間がない時は市販のものを利用しても良いけど、炒めたお野菜を入れた方が美味しさアップしますよ。ミートソースも使う分だけ取り分けて残りは冷凍。グラタン皿にマッシュポテト、ミートソース、マッシュポテトの順に敷き詰めて、パン粉とパセリを振りかけてオリーブオイルを垂らしオーブンへ。こんがり焼くとグラタンになります。こうやって、じゃがいもが新しい三品になって無駄なく使えました。まだまだ色々なアレンジを楽しんでいきたいと思います。