結婚したことで結婚に対する理解が変わった

結婚して、9ヶ月が経過しました。同居をしてからは既に1年が経過しています。彼に出会ったのは、1年と半年前です。2年間の間に、私の人生はあっという間に変わりました。全ては、彼との出会いから始まりました。結婚を全く考えていなかった私が、結婚をしたのです。男性と同居したこともない私が、突然同居を始めました。そして、プロポーズは彼からでもなく、私からでした。今から考えても、人生の大きな決断を簡単にしてしまったように思います。

子どもの頃に描いていた人生とは、全く違う人生を歩んでいると思います。結婚というものについて、結婚をする前後で考え方は大きく変わりました。結婚する前は、結婚することで経済的にも社会的にも私は守られる存在だと思っていました。彼が私を守ってくれると考えていたのです。その当時は、仕事の内容についても、自分で責任の持てないことを任されるようになり、やめたいとずっと思っていました。そのこともあってか、結婚すればフルタイムの仕事ではなくても、パートタイムの仕事で十分生活できると思っていました。でも、結婚をしてみて、その考えが子どもじみた考え方であることを悟りました。

結婚とは、誰かに依存できることを保証することではないということです。結婚とは、自分で自立しなくてもいい正当な理由を与えるものではないということです。結婚という言葉を隠れ蓑にして、社会から隠れることができるわけではないということです。私は、これらのことを結婚してからの生活から学ぶことができました。

そして、私が新たに学んだことはいろいろあります。結婚とは、依存し合うことではなく、お互いを強くすることであるということです。結婚とは、お互いを隠すものではなく、お互いをお互いに価値ある存在だと社会に知らしめるものであるということです。結婚とは、お互いに自立した人間であることをさらに求めるものだということです。実際の結婚生活をしなければ、これらのことを理解することはできなかったと思います。彼に頼ることができると考えていた自分の考えは、全く現実的ではありませんでした。結婚したことで、私はより自立した人間、より成熟した人間である必要を感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です