夏の真っ赤な味方 トマト!!

今日は福岡はえらい暑いです・・・。
溶けてしまいそうです。

こういう暑い時、アイスとかも美味しいですが、私にとっておやつになるのが、”トマトの丸かじり”です。

冷やしたトマトに塩をつけて食べるだけでですが、これが半端なく美味しいです。地方によっては砂糖をつけて食べるところもあるみたいですね。

一人暮らしなどをしていると栄養なども偏りがちですが、トマトにはたくさんの栄養が含まれていると思います。

トマトにはどんな栄養が含まれているのでしょうか。

トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜。
美肌効果や風邪予防に力を発揮するビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいます。

さらに注目されているのが、カロテノイドの仲間であるリコピンやβ-カロテン。

これらが老化や動脈硬化、さらには癌などの生活習慣病を予防する力を持っています!

特にこの”リコピン”というのは注目です!!
日焼けによるしみやソバカスさえも防ぐ力を持っています。

なんとトマトは食べるだけで日傘をさしているのと同じくらいの効果があると言われています。

さらにこのリコピンにはダイエット効果もあります!

また、トマトの酸っぱさの元になってるクエン酸は疲労回復の効果に役立ち、これは夏バテを防ぐ力を発揮します。

また、リコピンは紫外線からも肌を守り、コラーゲン量の減少も防ぎシワを防ぎます!
トマトって女性の味方ですねーー。。

トマトすげーー!!!

また、トマトにはアルコール濃度を約3割低下させることが判明しました。

トマトジュースはお酒の後に持ってこいということです!!

理想的な摂取量は1日15mg以上なのですが、大きいトマトだと2個、ミニトマトだと17個と言います。

ミニトマト17個って(笑)ほぼ一パックですよ(笑)

ですのでトマトジュースがお勧めということでしょう。
コップ一杯で27ml摂取できますので、15mlを超えてます!!

ただやっぱりトマトは食べるのも美味しい!!!

塩トマトの丸かじり以外にも、さまざまなレパートリーに富んだトマト。

特にトマトは朝に採ったほうがいいというのが、カゴメの研究で発表されたようです。

トマトで暑い夏を乗り切りましょう!!

最近の芸能ニュースについて。

最近世間を賑わしている、松居一代さんと船越英一郎さん夫婦のドロドロ劇、色んなことを考えてしまいます。
分からないものです。

ずっと夫婦円満だと思っていたのが、こんな憎しみに代わるのだから人間は怖いです。
本当に怖いです。
愛してたからこそ、憎しみも大きいのだと思いました。
確かに松居一代さんは、旦那さんの船越英一郎さんをものすごく愛してるたのはテレビの画面を通じて分かりました。
船越さんの出る番組を自分で番宣してたとも聞きました。

本当に大好きで、生涯添い遂げるのだと信じていたのです。
でも自分の愛情を与え過ぎたのがいけなかったんだと思いました。

与えるのが多すぎて、自己愛になってしまったのではないのかと思うのです。
それが束縛に代わり、船越さんの自由を奪います。

自分の思うがままに、船越さんを操りたくなってしまったのではないのかと思いました。
それでは船越さをがあまりにも気の毒です。
逆に今までよく耐えてきたなぁと、感心しました。

人を愛するって、愛しかたを間違ったら本当に怖くなります。
好きな相手を私物化してしまうからです。
与えるだけでなく、見返りを求めてしまいます。

それが怖いのです。
与えるなら、無償の愛でなければなりません。
それが本物の愛だと思います。

今でいうならなら、市川海老蔵さんと小林麻央さん夫婦が正しく無償の愛を与えあっていたのではないのかなと思います。

だからこそ、世間の皆さまは、あの夫婦を心の底から応援して、そして悲しんだのだと思うのです。
本物の愛は、人間の気持ちを大きく動かします。
小林麻央さんだって、何度も危ない状況になったのだと聞きました。

それなのに、最後の最後まで生きることを諦めなかったのは愛する旦那様とお子様がいたからです。
だからあんなに長く生きれたのではないのかなと思いました。
本物の愛はなかなか難しいです。

今回の松居一代さんのように歪んだ愛に発展してしまうからです。
そうならない為にも、相手の気持ちを最優先にして生きなければならないのだと思いました。

「メタル」好きになるまで。

私は小さい頃から音楽好きで今もなおいろいろなジャンルの音楽を聴いています。
その中の一つに「メタル」があります。

重く激しいジャンルの音楽というのは聴く人を選ぶと言いますか、聴ける人と聴けない人がきっぱり別れる音楽だと思います。

私はどういった形で「メタル」というジャンルに足を踏み入れたかというと、きっかけは中学生の頃に歳が一回りほど違う知人に教えてもらったSiam Shadeです。
当時、私はドラムが走りっぱなしのパンクロックが大好きな母親から教えてもらったバンドばかり聴いていたせいか楽器を掻き鳴らすやかましいバンドサウンドやライヴパフォーマンスが大好きな少年でした。
そんな時にその知人に出会い「バンド好きなんか?じゃあこれ聴いてみ」と渡されたのがSiam Shadeのアルバムの入ったMDでした。
家に帰ってから即コンポに突っ込みました。
衝撃的でした。

歪んだテクニカルなギターサウンドに手数の多いドラミング、それをしっかりと支えてバンドの音圧を底上げしているベースライン、そしてボーカルのシャウトチックに歌ったかと思えば時にはしっとりと歌い上げる振り幅の広さ。

世の中でよく言われる「雷が落ちた」「体に電気が走った」という表現が本当にぴったりな感覚に見舞われました。

そこからその手の音楽性を持ったバンドを聴いていたのですが、ある時海外のとあるバンドの存在を知りました。
それが「Slipknot」です。

このバンドは9人組とかなり大型編成なバンドでメンバー全員がグロテスクな仮面を被っており見た目自体が衝撃的なルックスのバンドです。

彼らの音楽性は一応「メタル」という括りになっていますがミクスチャー的な要素も持ち合わせており出てきた当時はかなり革命的なバンドだったようで、私がこのバンドの存在を知ったのはその数年後だったようです。

ライブ映像を見ると人数が多い為か、ステージを広く使っているパフォーマンスが非常に躍動的で「そうそう!バンドはこうでないと!」と思わせてくれる姿は私の目に本当にかっこよく映りました。

その時の感動は自分自身がバンド活動する身になった今、目標とする「かっこいいバンドマンの姿」になっています。

贅沢品とは言えないけれど

結婚をして子どもを育てることは、かつては普通でしたが、現在では「余裕がある人」に限られてしまっているように思います。

核家族が普通、共働きが普通なので、基本的には母親が産休を取得してワンオペで育児することが強いられます。

子育て世帯は経済的、精神的に余裕がある事が求められるためか、一部の育児用品はデフレの世の中に似つかわしくない、まるで趣味の嗜好品のような高級品が中心になっていたりします。

ベビーベッド、ベビーカーなど、レンタルで済ませられる物も多数ありますが、購入しようと思うと基本的に高額です。

大人向けのパイプベッドや折りたたみチェアは10000円も出せば新品が購入出来ますが、ベビー用品はその倍以上の価格が普通です。

もちろん、赤ちゃんの体をしっかり支えて、守るように研究され、丁寧に作られているのだとは思います。

初めて育児をする親は、「ケチって安い家具を買ったために、子どもが怪我をしたらどうしよう」という思いが常に心にあるでしょう。

なんとなく、足元を見られているような気分になってしまうのは私の心が荒んでいるからなんでしょうか。

それでも、踊らされるように「ママ向け」と銘打たれているものにはつい目を通さずにいられません。

マザーズバック、マザーズリュック。大きくて収納力が高く、中は小分けに整頓しやすい、見た目も可愛らしいカバン類。

普通のカバンでも自分で工夫すれば何ら問題ないのはわかっているのですが、どういうものがあるのかつい見てしまいます。

パックリと大きく口が開くので、底のものも探しやすい。これは普通に使っても便利なんじゃないでしょうか。

大きな物を入れない時はとても小さく畳めて、トートとしてもショルダーとして使える。すごく良さそうです。

これらのカバンは、通勤カバンを買う時にはまったく見たことがなかったのですが、この性能はビジネスでもありがたいのでは。

旅行カバンほど大げさではないけれど、しっかり収納力があるカバンたち。すごく心が惹かれます。

しかも、ベビーカーやベビーベッド、ブランドもののカバンなどに比べるととてもお手頃な価格。

買わなくてもなんとかなるだろうけど、買っても便利そうだし、価格もギリギリ贅沢とは言えないくらいという絶妙なラインです。

これはこれで、子育て世帯の経済力を見据えたマーケティングなんだろうなあと感心する今日このごろでした。

10年ぶりの冬のソナタ

韓国ドラマ、冬のソナタが流行ったのはもう10年以上前になりますね。ちょうどブームの時に初めて見た韓国ドラマが冬のソナタでした。
冬のソナタの影響でロケ地の春川にまで行きました。

それから韓国ドラマにはまりたくさんの作品を見ました。
ときめくドラマにたくさん出会うことができました。

韓国語の勉強も始め韓国にも度々行くようになりました。

そうやって、いろんなドラマに出会っていくうちに冬のソナタは今更もう見る気になれないと思っていましたが韓国語の聴き取り勉強のつもりで再び見始めました。

10年ぶりに見る冬のソナタは思っている以上にときめきながら見ることができました。
内容は不思議と他のドラマよりも覚えていました。

それほど当時インパクトを感じたのだと思います。

覚えているにも関わらずときめくことができる事に驚きました。
でも1番驚いたことは聴き取りが予想以上にできるようになっていたことです。

10年前は字幕を読みながら日本語のセリフだけが頭に入っている感じでしたが簡単なセリフであれば理解できるようになっていました。

他のドラマでもそうなのですが、昔見ていた時の自分をドラマを通して思い出し今の自分と比べることで上達度合いを感じることができて韓国語の勉強へのモチベーションになります。

そしてこの10年で自分自身の変化もあり、響くセリフが違っていたり、相変わらず好きなシーンだったり、また見始めて良かったなと思っています。

最近、私の中で落ち着いていた韓国ドラマブームが再燃の予感です。

もっとたくさんの韓国ドラマを見ることを通して語学の上達やときめく心を大切にしていきたいと思っています。

また10年後はどんな気持ちで冬のソナタが見れるだろう?と楽しみにしています。

自分にこんなにも冬のソナタが大きく影響してるとは思いもよりませんでしたが、その頃には字幕もなく見ることができれば最高です。

韓国語を頑張ってこれからも楽しく勉強します。

戸建て購入を機にガーデニングにハマりました

庭付き一戸建てを新築で建てたものの、せっかくの庭はただ砂利を敷いてあるだけで味気ない状態が一年程続いた頃、子供が幼稚園に入ったので少し時間が出来、花でも植えようかな。という軽い気持ちから徐々にガーデニングにハマっていきました。

まず最初は鉢植えをいくつか。ガーデニングコーナーで一番目に付く季節の花から始めました。パンジーやマリーゴールド、ベコニア。手頃なお値段で、すでに花が開いているのですぐに玄関前は明るくなりました。

すると気持ちまで明るくなり、ワクワクする気持ちに。もっと綺麗にしたいと、今度は大きな鉢を買い、寄せ植えをしてみることに。種類の違う花の色合いや大きさ、間にグリーンを入れたり、考えることがとても楽しくなってきました。

玄関周りに並べ、同じ色に統一したり、グラデーションになるようにしたりと、色合いにこだわりだし、完成した鉢植えを並べて自分でうっとり。

そんな私は鉢植えだけでは収まらなくなり、ついに花壇づくりにチャレンジすることにしました。陽当たりの良い場所で決め、砂利をどかし、土を掘り、ブロックを埋め込んでいきます。

調べたところ、もっと難しい本格的なやり方もありましたが、なかなかの力仕事で費用や器用さも要求され自分には無理だと判断。主人は興味なくて傍観なのでアテになりません!

元々ガーデニング好きな母にちょっと手伝ってもらい、女二人でも出来る簡単なやり方で花壇は完成しました。初めてなので小さめですが、土をブレンドして出来たばかりの花壇に流し込んでいくのはなんともいえない達成感と喜びがありました。

鉢植えよりも多くの種類の花を植え、最初は小さい株だったものが予想以上に大きく育ったり、高く伸びたりと植物の成長に驚くことも多く、最近は子供も興味を持ってくれて、種まきから始め、芽が出てニョキニョキと伸びて、花が咲くのをとで楽しみして水撒きをしています。

若い頃は花なんて面倒くさい…と思っていましたがこんなにガーデニングが楽しくてハマるとは思っていませんでした。これは長く続けられる趣味になりそうです。

部屋に住む、大きな虫たち

私の住んでいる地域は、自然が深い農村地帯です。

毎日掃除しても、同じ場所に巣を張る親指2本分くらいの大きな蜘蛛、毎晩お風呂場と台所に姿を見せるハサミムシ、洗面所にいる便所コオロギの大きさは半端ないです。
数が多いうえに、固体の大きさが半端ないです。

都会暮らしをしていたころには虫を見ることがなかった私の生活空間に毎日いる大きな虫たち。

ついに、私の寝起きしている部屋にまで、特大の便所コオロギがやってきました。
ティッシュで握ってつぶそうにも、大きいのでもがく感触が伝わってくると「怖い」と感じて、せっかく捕まえても手を放してしまいます。

なので、台所以外は殺虫剤を使って対抗しています。

でも、大きな虫は殺虫剤を直射して数秒必ず浴びせなければ、仕留めることができません。

空気中を漂わせるだけでは、逃げられてしまうのです。

きっと、耐性も強いのでしょうが、賢いみたいで、殺虫成分の空気が流れ込まない隙間にうまく逃げ込むようなのです。

そうこうしているうちに、姿は見ていませんが、寝ている間に虫に刺されたようで、太ももにおおきなかぶれが出来上がっていました。

夜、暑くて網戸にして寝たせいかもしれません。

殺虫成分の入ったお部屋の芳香剤や蚊取り線香を焚いておけばこんなことにはならなかったかも知れませんが、今年の夏は暑い日がまだなかったので、買い置きしていませんでした。

都会にいた時にはいらなかった予防グッズや、虫刺されの薬が必需品となっています。

しかし、こんな風に大きな虫が生きていられる環境にいるからこそ、夏は冷房のお世話にならずに過ごせています。

扇風機を使わなくても私は平気です。
朝晩の冷え込みが寒いと感じる日さえあるので、夏でも毛布が欠かせないくらいです。

だからこそ、たまの暑い日に網戸だけで寝る夜が危険なのです。

網戸からやってくる新たな小さな虫の侵入は、すでに家にいる大きな虫のご飯になってしまうのです。

家の中で、虫による食物連鎖が成立しています。

この小さな虫をコツコツ駆除することで大きな虫も駆除できるように頑張ろうと思います。

私の日常生活

今日も雨・そして昨日も雨・梅雨の雨はじとっとして洗濯物が乾かない。本当に嫌な雨だ。

先週より右脚がしびれる。鍼に刺されたように痛い。
その痛い脚をこらえてすきゃの牛丼を560円で食べにいく。

店内はパーソナリティーの声が聞こえる
よく聞くとあれは同じことを再生しているらしいことに気が付く
今、母と私の食卓便が届く。

毎週毎週届くのでおかずを選ばなくてすむ
この分だと洗濯物は今日も乾かないだろう
洗濯乾燥機で乾かすしかない。

一度あれでたこ足配線をしてショートしてこわい目にあったことがある。普段何気なく使っている電気かもいざそういう目にあうとこわい
昨日、仕事の合間を縫って円谷プロの特撮を何本か見た
やはりかっこいいのはウルトラセブンだ。

そしてジャンボーグエースそしてミラーマンどういうわけかジャンボーグエースにミラーマンの鏡京太郎が出ていた。ジャンボーグエースの立花直樹の台詞にウルトラセブンのモノボシダンがいった台詞に似たような

台詞があった。ウルトラセブンでモノボシダンが超兵器R一号の開発にしていくことに反対していくことばでこのようなものがある。

それは血を吐きながら走り続けるマラソンのようなものですよ…という台詞とジャンボーグエースの立花直樹があたらしいロケットを作ろうとしていたおりロケット作りの博士のこともが病気にかかる。

直樹はその孤をはやく病院に運ぼうとしていると博士は断固ロケットが発射するまでいくことを許さない。

そこで直樹はその博士に反対していった言葉が、人間の命は地球よりおもいんだ….といって残しセスナで病気の子供を運ぶ…

さすがこのあたりは同じ円谷プロの作品だけあって台詞にも共通点が伺える。
もうそろそろ洗濯機の脱水の音も華僑を迎えた。

お金がない..本当にお金がない。世話になった病院の先生にお中元がしたい。
しかし、本当にお金がない。

年金生活はかくも来るしものなのか….
私の場合精神疾患が即体調不良に来るのだ。

障害年金受給者なのだ。

ロードバイクで楽しみながらダイエット

私の趣味はロードバイクです。自転車を趣味にしてから7年くらい経ちます。
最初はママチャリから始めてミニベロ、マウンテンバイク、クロスバイクそして最終的にロードバイクにたどり着きました。

ロードバイクの魅力はなんといってもママチャリでは味わえない『スピード感』です。

だいたいママチャリだと時速15km/h位で走っていると思いますが、ロードバイクだと
25km/h~40km/h位で走ることが多いです。場合によっては時速50km/h以上出ることもあるので、スピード感は全く違います。

そしてもう一つの魅力は『ダイエット効果』です。自転車は乗り方によっては非常に効率的な有酸素運動になります。うまく利用すれば10kg以上減量することも不可能ではありません。

1日に30分くらいでも続けていれば少しずつ体脂肪は減ってくると思います。
自転車はジムや自宅で筋トレするのと違って景色の移り変わりを感じながら運動できるので楽しく続けることができます。

また、ランニングなどと違って、膝や腰などにかかる負担も少ないので体の故障の危険性も少ないスポーツなのです。

自宅を出てすぐに運動が始められるので時間の節約にも繋がります。
ダイエット目的で自転車に乗る場合は重いギアでガンガン走るよりも軽めのギアで長い時間乗る方が効果的です。でも、運動したからと言って食べ過ぎたら効果がないので注意しましょう。

自転車に乗るときにはいくつか注意点があります。まず自転車は車と同じ軽車両なので基本的には歩道ではなく車道の左側を走らなければなりません。右側を逆走等しないように気を付けなければいけません。

また、転倒などしたときに頭を打つと危険なのでヘルメットの着用もした方がよいでしょう。

そして万が一歩行者などに怪我をさせてしまったときのために自転車保険にも入っていた方がよいと思います。年間で5千円以下で入れるものが多いので入っていた方が安心して自転車を楽しむことができるでしょう。

風と季節を感じながら楽しく運動してダイエットもできる。自転車は私がもっともお勧めするスポーツです。

地震、雷、火事、親父ですかね。

日本列島は昨日から台風の影響で被害が
拡大しています。
毎年、梅雨とか台風で受ける被害は大きいので
暑くなると怖い時期です

地震、雷、火事、親父、と言うのはもう古い
ような感じですがこの言葉は今でも生きていると思います。

毎日のように火事はあるし雷も発生しているし
地震も日本列島で毎日ガタガタ
どこかで揺れている感じです。

雷は光だけでも怖いのにゴロゴロ鳴ると
もっと怖くて夜だと絶対に眠れない状態
部屋のカーテンはそんなに分厚くしていないので
光ったら次に鳴るのを気合入れて待っています。

雷が鳴るのを待っているってすごく変だけど
なぜかそうなってしまいます。

火事は毎日ニュースで見ても
怖いですね。
毎日のようにマンションの前が道路なので
消防車の後に救急車がすごいサイレンの音で
走っていきます。
消防車が1台行ったなっと思ったら
次々と連続で走ってくるのも恐怖
近くで止まるともっと恐怖
火の元は特に注意しましょうです。

親父は、どうでしょうね。
私が小さい頃は自分の父親も怒ると
怖かった。友達の父親もやっぱり怒ると怖かったかな。

現在の父親は怖いような弱いような
ニュースの事件で出で来る親父は情けない
ストレスでこうなっているのか
家の中が良くないので事件を起こしているのか
わかりません。
親父とは怖い存在で頼りになる人って思いたいです。

地震、雷、火事、親父
重い言葉ですかね。
もっと楽しい表現で良い言葉ないかな。

地震じゃなくてもっと夢のある言葉
雷、火事、親父ももっと他の言葉で。
旅行、休み、レジャー、親父。
少し笑えてしまいます。

ゆっくりしたいのが出てしまった。
でも、旅行している最中に地震と火事は
やっばり恐怖
楽しい事が吹っ飛んで旅した記憶が
書き換えられてしまいます。

今日の天気も雨が降って雷が鳴りそう
雨が降ると外出する意欲が減ってしまうし
濡れるのが一番困る。

もう少しで梅雨も明けるし
海開きも始まる
もっと楽しい事考えながら
このことわざも頭に入れておきます。